重症化する前に男性生殖器疾患を知っておこう

男性生殖器疾患とは、主に腎臓、尿管、膀胱、男性生殖器に関する病気が多くあります。

その多くは尿検査や、血液検査、画像検査などで見つかる事が多く、その他の感染症も含まれています。

男性の場合、生殖器に異常を感じても、恥じらいから医療機関を受診することがなかなか出来ないこともあり、重症化してから受診するケースも多くあるそうです。

代表的な男性生殖器疾患では、尿検査で異常が見つかる、血尿、尿たんぱく、尿糖、尿混濁などがあります。

その各種疾患は、内科的疾患を伴うことも多く、放置することにより悪化し、重篤化する事があるそうです。

また、男性生殖器は、女性とは違い突起しているもののために、多くの感染症になるケースもあります。

尿路が長いために、その部分の感染症になることが多く見られます。

尿路感染症では、膀胱炎や腎盂腎炎などが多く、膀胱炎から腎盂腎炎に移行することもあるために、早めの医療機関の受診が勧められています。

また、性行為感染症も男性特有の症状を伴う事があります。

代表的なものでは、急性尿道炎、淋菌性尿道炎、非淋菌性尿道炎などがあります。

この場合は性行為により感染することが多く、感染症としては、パートナーも一緒に治療することが望ましいと言われています。

20代後半以降の発症率が高いものでは、尿路結石症があります。

近年増加傾向にあると言われており、10人に1人が一生のうちに一度は経験すると言われている生活習慣病のひとつです。

その結石の大きさにより、内科的治療で済む場合と、外科的治療を施す場合があるそうです。

男性特有の臓器、前立腺の疾患では、前立腺炎、前立腺肥大症、前立腺がんなどがあります。

前立腺は、通常クルミ程度の大きさであると言われていますが、膀胱の底部に接する形で存在することから、細菌感染や、加齢などが影響し、炎症を起こすことがあるそうです。

高齢化社会に伴って増加している疾患では、尿失禁系の疾患です。

腹圧性尿失禁、切迫性尿失禁、機能性尿失禁、などが代表的です。

これらは、自分の意志とは関係なく失禁するために、年齢によっては大変困難な思いをすることが多くあるそうです。

その他では腎盂や尿管、膀胱に起こる腫瘍、腎がんなどがあります。

腫瘍の場合は、尿が接する場所に出来る事が多く、場合によっては腎がん同様に、手術が必要となる場合もあるそうです。

男性特有の臓器周辺も含めて、多数の疾患があると言えるでしょう。